スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)

 福島消費者相は19日、空席が続いていた消費者庁所管の独立行政法人「国民生活センター」の理事長について、政務三役で選んだ京都弁護士会所属の弁護士、野々山宏氏(54)をあてることを決めた。

 20日の閣議で承認後、正式に決定する。理事長人事を巡っては当初実施された公募で応募者全員が「不適格」とされたが、一連の選考過程は明らかにされておらず、識者から「不透明」との批判が上がっている。

 野々山氏は京都産業大教授で、京都消費者契約ネットワークの前理事長。

 同センターでは前理事長が今年2月、任期途中の3月末で退任する意向を明らかにしたため、消費者庁が公募の方針を発表。公務員OBや弁護士など計33人の応募があったが、外部の選考委員会が「適任者がいない」と判断し、4月1日から理事長不在となっていた。

 福島消費者相は、3月30日の記者会見で「選考委員全員が納得する人がいなかった」と説明したが、選考基準や選考委員の個人名、応募者の内訳などについて一切は明らかにしなかった。

 野々山氏については政務三役が選んだ後、改めて選考委にはかったといい、福島消費者相は「公募がベストだが、理事長不在の長期化を避けるため政治的に判断した。最終的に選考委を通しているので公平性は確保されている」としている。

 ◆あいまいな選考基準◆

 独立行政法人の役員人事を巡っては、鳩山内閣が昨秋、「透明性を確保する」との名目で公募制をスタートさせたが、政治家などの判断で決まるケースは他にもあり、選考基準のあいまいさがぬぐえない。

 農林水産省所管の「農業・食品産業技術総合研究機構」の理事公募では、応募者5人全員について選考委員会が「適任者なし」と判断。理事長が新たに2人を推薦し、赤松農相との協議で農水官僚を出向させることを決めた。経済産業省所管の「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」理事の場合も4人が応募したが、「適任者なし」となり、今月17日付で財務官僚が出向した。

 ほかにも、厚生労働省所管の「福祉医療機構」理事について昨年と今年の2回公募され、選考委は2回とも元厚労官僚を「適任者」として選出したが、長妻厚労相が認めず、ポスト自体を廃止している。

<嘉麻市長選>松岡氏が再選 福岡(毎日新聞)
山形新幹線急停止、車両の下に女性…けがなし(読売新聞)
高速新料金法案に「異唱えぬ」=川内衆院国交委員長が首相に(時事通信)
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕-福岡県警(時事通信)
<自民党>「国民安心税」公約 消費税率上げ医療などに(毎日新聞)

村本さん死因は失血死=司法解剖で警視庁(時事通信)

 タイ・バンコクの反政府集会を取材中、銃撃を受け死亡したロイター通信日本支局のカメラマン村本博之さん(43)について、警視庁組織犯罪対策2課は14日、司法解剖の結果、死因は失血死で、即死状態だったと判断した。
 同課によると、心臓付近の動脈と左肺に銃創があった。 

かわいすぎる海女、「べっぴんの湯」コスメPR(産経新聞)
普天間問題、5月末に方向性 鳩山首相発言が後退(産経新聞)
辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます (産経新聞)
寛仁親王殿下が5月にトルコへ(産経新聞)
米紙コラム、「一国の首脳に非礼」官房長官(読売新聞)

「帝国の残滓」…参政権は旧植民地の権利(産経新聞)

【外国人参政権 欧米の実相】

 「私の父は34年前、軍を掌握したサダム・フセイン(後にイラク大統領)の圧政から逃れるため、家族を連れて英国に亡命した。父は必死で働き英国籍を取得した。当選したら英国に少しでも恩返しをしたい」

  [地図で見る]35都道府県議会が「外国人参政権」に反対

 2月27、28の両日、英国南部ブライトンで開かれた最大野党・保守党の春期党大会。13年ぶりの政権奪取をうかがう総選挙(5月6日)を控えたこの大会で、登壇したナドヒム・ザハウィ氏は力強く演説した。イングランド中部の選挙区から出馬する。英国籍ではない。イラク出身のクルド人である。

 氏は1997年、総選挙に初めて立候補したものの落選。地方議員を12年間務め政治経験を積み、次の機会を待った。

 未曾有の金融危機で英国でも失業者が急増し、保守党は移民の規制を訴える。その一方で、パキスタン系移民2世の女性上院議員、サイーダ・ヴァルシ氏を影の内閣に登用したり、香港系の候補者を擁立したりと、多様性も打ち出す。43歳のデービッド・キャメロン党首になって、保守党が生まれ変わったことを強調する戦略である。

 英国では、歴史的に「英国人」と「外国人」の間に明確な一線を引き、外国人参政権を否定してきた。しかし実際には、ザハウィ氏のように英国籍を取得していなくても、英連邦に加盟する旧植民地53カ国やアイルランドの国民で、英国在住であれば、地方参政権だけでなく国政参政権も与えられている。こうした人々は「外国人」とはみなされていない。

                   ◇

 2001年の国勢調査では、01年の時点でロンドンの人口は710万人だった。このうち英国生まれは520万人以上で、外国生まれは190万人。その後5年間で英国生まれは506万人に減少し、外国生まれは逆に229万人近くにまで増えた。

 「もし英国に住んでいればという仮定の話だが、英連邦の20億人近い有権者が総選挙に投票できる。欧州連合(EU)市民にも国政参政権を広げた場合、有権者は25億人に近づく」

 英国の外国人参政権の特殊性をこう表現してみせたのは、00年から2期8年間、ロンドン市長を務め、国家における異なる文化の共同体を対等に扱う多文化主義を実践してきたケン・リビングストン氏(労働党)だ。

 産業革命を経て、七つの海を支配した大英帝国は世界に版図を広げ、英領土内で生まれた者には「英臣民資格」が与えられた。第一次大戦で女性労働者が進出し、1918年に21歳以上の男性と30歳以上の女性に普通選挙権が認められた際、植民地出身の英国在住者にも参政権が付与された。

 『外国人参政権問題の国際比較』(河原祐馬、植村和秀両氏編)によると、当時、人の移動は植民地から英国への流入より、植民地への流出の方がはるかに多かった。このため植民地の住民に参政権を与えても問題にならず、むしろ大英帝国の政治的統合の象徴としてとらえられた。

 第二次大戦後に大英帝国は解体し、入国・居住権は制限されたが、旧植民地の住民の参政権は「帝国の残滓(ざんし)」として残されたのだ。

                   ◇

 ピーター・ゴールドスミス前英法務長官(政府最高法律顧問)は2008年に、英連邦とアイルランド出身の英国在住者に付与されている国政参政権の取り消しを検討するよう政府に提言した。氏の主張は「国政参政権は国民の権利の中でも特筆すべきもので、英国籍保有者に限って認められるべきだ」というものであった。

 これに対し、移民に寛容なリビングストン氏は「ロンドンがニューヨークを追い越す国際金融センターになったのは、門戸を開放したからだ。外国からの資本と人の流入が経済を活性化させる。英国で働いて税金を納めているのなら、参政権を認めるのが当然だ」と反論する。

 労働党のデービッド・ミリバンド外相は3月23日、ロンドンの外国特派員協会で記者会見した際、「英連邦の市民で英国在住者には総選挙の選挙権が認められているので、ぜひ投票を」と笑顔で呼びかけた。ゴールドスミス氏の提言について質問してみたが、答えようとはしなかった。(ロンドン 木村正人)

【関連記事】
不法移民は住めない高額家賃の“理想郷”
“結婚難民”続々…「明日に架ける橋」の皮肉
オランダ人社会とイスラム系移民の亀裂
多文化主義は機能しない…「招かれざる客」めぐり二分
教師が学校閉鎖を求めた 「移民国家」が抱える参政権問題
外国人地方参政権問題に一石

高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県(医療介護CBニュース)
<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)
警察庁長官、北九州市訪れ「工藤会壊滅」指示(読売新聞)
市長が文書で陳謝、学校医への協力も要請―山梨・上野原(医療介護CBニュース)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)

<海中転落>八丈島行きフェリーから男性が行方不明(毎日新聞)

 11日午前9時10分ごろ、東京・竹芝桟橋発八丈島行き東海汽船のフェリー「かめりあ丸」(乗客・乗員114人)から「乗客の男性1人が行方不明になった」と下田海上保安部に通報があった。同保安部は航行中、男性が海に転落した可能性があると見て、巡視船2隻と航空機1機で周辺海域を捜索している。

 同保安部によると、行方不明になっているのは東京都文京区在住の男性(76)。男性は10日午後10時20分に竹芝桟橋を出発した船に1人で乗り、最初に寄港する三宅島までの乗船券を購入していた。しかし、三宅島では男性の下船を確認する乗船券の半券は回収できておらず、八丈島に到着後、乗員が船内を捜したが、いなかったという。【小玉沙織】

【関連ニュース】
転落:弟が海に 助けに飛び込んだ小5男児死亡 佐賀
行方不明:海岸の遺体は長崎・雲仙の18歳女性
転落:橋から2人が川に 30代女性が不明 名古屋市
転落:海に弟、救助に向かい…小5男児が死亡--佐賀
長崎・雲仙の女性遺体:海岸の遺体は不明女子高生 県警が確認

<動物死骸>犬や猫100匹…ペット葬儀業者が不法投棄か(毎日新聞)
井上ひさしさん死去 父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
「お袋」から顔、ワラビーの赤ちゃんスクスク(読売新聞)
<スカイマーク>国交省が改善勧告…客室乗務員の英語力不足(毎日新聞)

桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?(産経新聞)

 【麗し大和】(14)

 春の宵に桜が美しい石舞台古墳。飛鳥はいま、一年で最も華やかな季節を迎えている。

  [フォト]昼間もおもむきある風景…桜に囲まれた石舞台古墳

 自分の墓が観光名所になったとしたら…。複雑な気分かもしれない。どーんと無防備に存在感を示す巨石は、かつて棺を収めていた石室の上部だ。下には大空間が広がり、最も大きい天井石は推定77トンというから、墓の主の強大な権力が伺える。築造年代(7世紀前半)などからも、飛鳥時代の権力者、蘇我馬子の墓とされている。

 「発掘調査で築造のために破壊された群集墳が西側に確認されました。そんなことができる人物は限られる。さらに近年、北東の丘陵で大きな柱穴や小型の建物跡も見つかり、『日本書紀』の記述にも合う。全体からみて馬子の墓といっていい」と和田萃(あつむ)・京都教育大名誉教授。

 4代の天皇に仕えた大臣(おおおみ)、馬子は間違いなく大物政治家だが、崇峻(すしゅん)天皇を暗殺した悪役イメージが定着している。一方で、積極的に仏教を招来した庇護(ひご)者との評価も。

 おもしろい話を聞いた。『日本書紀』に馬子は桜ならぬ「桃原墓(ももはらのはか)」に葬られたと記されている。なんと古墳近く、馬子邸があったとみられる島庄遺跡の池跡から多数の桃の種が出土した。しかも、花を観賞したケモモではなく食用の桃という。道教で桃は不老不死の果実とされ、日本でも邪気を払う力があると信じられた。「池の周辺に桃を植えたのは道教の神仙思想に基づくのでは」と和田名誉教授。

 馬子が夢見たのは桃源郷? 飛鳥には、想像をかきたてられる不思議な力が満ちている。(文 山上直子、写真 飯田英男)

【関連記事】
読めますか?悩ましい古墳の名前
聖徳太子の弟の墓? 塚穴古墳に人工築山、風水意識か
蘇我入鹿邸の「城柵」か 甘樫丘東麓遺跡から新たな石垣
持統天皇の吉野行幸列を再現 「飛鳥美人」模した古代衣装
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

新党準備、今夜会合=鳩山邦氏、結党時参加見送り-与謝野氏ら(時事通信)
拉致対策本部事務局長代理に三谷秀史内閣情報官(産経新聞)
足利事件「DNA鑑定を過大評価」…警察庁検証(読売新聞)
死刑通告「大変残念」=鳩山首相(時事通信)
谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。